ほうれい線と顔のしわ

ほうれい線を作らないために普段から気をつけておきたいこと

ほうれい線を作らないために普段から気をつけておきたいことは、日々の生活習慣を整えることです。美肌の基本は紫外線対策なので、日焼け止めを欠かさないことです。

 

薄く三度塗りするとよく、日頃から日焼け対策を万全にしましょう。タバコも控えるべきです。タバコは活性酸素を発生させ、肌の代謝を悪くし、シワを増やすからです。
普段から気をつけておきたいことは、上質な睡眠と定期的な運動をすることです。加齢とともに成長ホルモンの分泌が低下し始め、コラーゲン線維の生成と分解のバランスが崩れ始めるので、普段から上質な睡眠と定期的な運動は欠かせません。
睡眠と運動は、成長ホルモンの分泌を促すので、ほうれい線の予防に効果的です。

 

また、バランスのとれた食事も大事です。肌を若々しく保つためには、食事をしっかり摂る必要があります。ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸などの栄養素は、特に大事で、肌のハリを保つ役割をしてくれます。これらの栄養素は、体内では生成できないので、外部から摂取しなくてはなりません。どうしても不足しやすい栄養分は、サプリメントで補うとよいでしょう。

 

実年齢よりも老けて見えるシワの代表格ともいえる、おでこのしわ。出来てしまうと、笑った時、目を見開いた時など、顔で感情表現される時に限って目立ってしまいます。

 

放っておけばしわは深くなるばかりで、常にしわが出来てしまっている状態になることもあるのです。年齢を重ねるごとに現れやすいのですが、おでこのしわが加齢現象であるとは言い切れません。

 

最近では、20代などの若者世代でも、おでこのしわに悩む人が増加傾向にあります。おでこに限らず、顔にしわが出来てしまうのは、顔の脂肪や皮膚を支える筋力が衰えてしまうことが原因と考えられています。支える力がなくなれば引力に逆らうことが出来なくなり、顔にある脂肪や皮膚は垂れ下がってしまいます。そして、しわとなって顔の表面にあらわれてきます。けれども、紫外線や乾燥によって肌に負担がかかることでしわが出来ることもあります。

 

特におでこは、日差しを受けやすく、外気にさらされやすい部分です。顔の中でも特にしわができやすい部分であるといえるでしょう。ですから、何歳くらいからできはじめるとは言い切れず、何歳であってもおでこにしわが出来る場合があるのです。注意しましょう。

 

続きを読む≫ 2015/07/10 15:49:10